柴っぽい柚

2005年12月、友人との忘年会にて「私を必要としている柴犬、落ちてないかな…。」とつぶやいた。2日後、ホントにやって来た犬。空き地育ちで柴っぽい。 柚(ゆず)と名づけたその犬と、三十路独身女の日常と妄想。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

残念すぎる。

090212-1.jpg

090212-2.jpg

090212-3.jpg

090212-4.jpg

090212-5.jpg

犬と飼い主のほほえましい光景に見えるでしょ?あはははーうふふふーなかなかしぶといなーまだまだ手は開かないぞーあはははーアフォだなー必死だなー、と。

でもね、これね、何も入ってないんですよ、手の中。ちょっと握って差し出してみただけで。つい、出来心で。えぇ、まぁ、イケズな飼い主なもんで。

で、さすがにカワイソーかなーっと。

思いっきりわかりやすく差し出しているのに。
090212-7.jpg

・・・全然見てねー。
090212-6.jpg


残念すぎるにも、程がある。





<ランキングに参加しています。>

柚の目と目の間にトスっ!とワンクリック。
0901.jpg
その鼻は、伊達か?

☆携帯の方はコチラから → 人気ブログランキングへ

画面が切り替わったら完了よ。今日も応援、ありがとう!


☆引き続き、コメ欄閉じまっす!←元気良く宣言してみた。拍手欄の一言コメは、ご自由にどうぞ。残念な犬に、慰めの言葉はいりません。身から出た錆だから。ちょっと違う気もするけど。


スポンサーサイト

| 一般的なヤツ | 00:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。