柴っぽい柚

2005年12月、友人との忘年会にて「私を必要としている柴犬、落ちてないかな…。」とつぶやいた。2日後、ホントにやって来た犬。空き地育ちで柴っぽい。 柚(ゆず)と名づけたその犬と、三十路独身女の日常と妄想。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

背中の意志。

柚。
091009-1.jpg

元気です。
091009-2.jpg

姐さんに反抗するくらい、元気です。

気になるらしい。
091009-3.jpg

どうしても。
091009-4.jpg

どうしても。
091009-5.jpg


いるのか、ソコに。

何か、君にしか見えないものが。




【ランキングに参加しています】
下のバナー1クリックで、ランキングポイントが入ります。

元気があれば。
0906-banar1.jpg
☆携帯の方はコチラから → 人気ブログランキングへ

反抗も出来る。
0907-banar.jpg
☆携帯の方はコチラから → にほんブログ村へ

今日も応援ありがとう。励みにしてます、嬉しいです。


生きてるだけで丸儲け・・・さんまちゃん、深い。




富士丸君
あまりに突然すぎて、まだ書けません。言及するのは、もう少し感情を静めてからにしたい。この妙な感情は、急いで消化しなくても、良いと思うので。富士山が見える土地に住む者として、毎朝手をあわせています。

・・・・・・それはちょっと違うんじゃないか、と思いながら。




☆コメ欄、閉じます。悟りどころの話じゃないので。天に向かって悪態ついてるの、姐さんだけじゃ無いですよね。


スポンサーサイト

| 一般的なヤツ | 22:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。