柴っぽい柚

2005年12月、友人との忘年会にて「私を必要としている柴犬、落ちてないかな…。」とつぶやいた。2日後、ホントにやって来た犬。空き地育ちで柴っぽい。 柚(ゆず)と名づけたその犬と、三十路独身女の日常と妄想。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そしてめぐり逢い。

遭遇中・・・
100607-1.jpg
っつーか、接近中。

これが噂の「ぷーぷー鳴る犬のおもちゃ」なんですけどね。名古屋から新幹線に乗ってきたのに迷子になって、ぷーぷー言ったから見つかって、姐さんがいただいて新幹線に乗って持って帰って、最終的にこの犬と遭遇した、ありがたーいプープー鳴る犬のおもちゃなんですけどね。

見つめ合う、犬と牛。
100607-2.jpg

ぷーぷーって言うか「んもぉぉぉぉ~」みたいな音が鳴りますしね。

牛の顔マネをしてみる犬。
100607-3.jpg
たぶん、無意識。

どう見たって、牛ですしね。渡された時に、何のラッピングもしていなかったですしね。

100607-4.jpg

だったらどうして「プープープープー」言いながら、都内を移動していたのだろうか、茶屋のリリコさんは。

ぷーぷー以外の特徴、目白押しじゃないですか?この牛さん。

牛なのに、まゆ毛がある、とか。

100607-5.jpg

で、あんなにぷーぷー言ったのに。こんなビビリスルー扱いですまぬ。

犬にかわって、あやまっておきまプー。


☆1カ月以上前の報告が、今頃でスマヌ。


スポンサーサイト

| 一般的なヤツ | 01:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。